Make your own free website on Tripod.com
Florida Sunshine
留学不定期日記
April,1998
  
ここをクリック
このページに関する意見、感想などがありましたら       
気軽にメールをayone@sprynet.com まで下さい
  
ここをクリック
 
Mar,.1998
最新の日記
 May,1998
に参加しています。日記が面白かったら、
を押してください。 初めは投票登録が必要で、ちょいと面倒ですが、
お暇がありましたら宜しくお願いします。
GO TO TOP PAGE


Apr,26,98
最後の週
 
  今週末はファイナル前の週末ということで、金、土、日とずーーーーっと図書館にいました。うちのガッコの図書館って12時まで開いているんだけど、そんな中でいすに座ってました。すげぇつまらない週末。とりわけ、何かあるわけでもなしに、黙々と勉強をしてました。既に、何とかなるものと、こりゃあだめだろうという教科が両極端に別れてしまっているのですが、いちおう最後まであがいてみます。

  図書館に行くようになって、ふと思ったのですが、最近英語を話していない・・・・。プロジェクトがあるわけでもないし、大抵一人で図書館こもるわけです。知り合いに声をかけたりはするけど、挨拶程度だし、必要に迫られて話す機会がないので、相当落ちてきたと思いますね。家にかえりゃあ、奥さんと日本語ですし。

  これはマズイ!やさしい英会話でも読み直そうかな(笑) いや、本当にそんな気分



Apr,23,98
プレッシャー

  授業の合間に入ったトイレで、私のアドバイザーと偶然出くわした。「勉強のほうは順調かい?」と、切り出すアドバイザー。歯切れの悪い言葉で返す私。「バックグラウンドのない科目はついていくのが大変で、もしかしたらドロップするかもしれない。」と、正直な状態を告げてみた。そうしたら、

「いやいや、君はそんなことはないだろう。そんなこと言いながらAとるんだろ。知ってるよ」

私は自分の状況を人に自慢することはそうそうない。私がヤバイという言葉を口にしたときは、謙遜でもなんでもなく、ヤバイのだ。

で、そのアドバイザーは不幸にして、私の修士時代のトランスクリプトに目を通しているので、それが印象に残っているらしい・・・。切るつもりで最後のテストを受けなかった1科目だけが何故かCで、あとはAだったんだけど、日本の修士の成績表でオールAなんてそうそう目面しくないって。だから、全然私の正当な評価じゃないような気がしているんだけど・・・

しっかし、すごいプレッシャーかけてくれたもんだよな。もう寝れないよ(涙)



Apr,22,98
Animal Kingdom

  久々の更新です。とうとうやってきましたファイナルの季節ですが、みなさまいかが御過ごしでしょうか?今朝は朝早く起きたので Central Florida地区のニュースを見ていたのですが、そうしたらいくつか目にとまったニュースがあったので、日記に書いておきます。

冒頭の Animal Kingdom ですが、ディズニーワールドの新しいセクションです。東京ディズニーランドは、ディズニーワールドの中の Magic Kingdom という一つのセクションに過ぎません。他にも MGM や Epcot などがあります。そして今回、Animal Kingdom が新たにディズニーワールドに加わったというわけです。

ところが、平日の朝6時にオープンしたのにも関わらず、2時間後にはもうクローズしたそうです。あまりにも多くの人が詰め掛けたからということですが、平日ですよ、みなさん。 それで、今日入場できなかった人たちは週末にでも来てください・・・だ、そうですが、週末はもっと沢山の人が押し寄せるのは必死。そんな人込みにいきたくないよ・・・ しかし、家の奥さんの熱〜い、要望によりあと2週間以内に結局行くことになるのでしょう

  あと見たのはロトが当たったというニュース。日本で言ったら宝くじの当選が○○地区ででました。というなんの変哲もないニュースなのですが、金額にインパクトありまくりでした。 $28 million です。今のレートで日本円にすると35億円強といったところでしょうか。すげー! こちらのシステムでは当選者がでなかった回の賞金が次回に繰り越されるので、賞金が2倍3倍と、誰かがあたるまで増え続けるのです。でも、この大金を一度にもらえるわけではなくて、毎年、日本円で6〜8000万円くらいの金額が支給されるようです。

ロト買おうかな・・・って、そんなに大金があたると私は小市民なので困ってしまいますがね(笑) せいぜい1000万円くらいが楽しんでお金を使える、私の金銭感覚の限界でしょう。あまりの大金を一度に握ってしまうと人生つまらなくなりますしね。

それと、私の町であったニュースを。日本人カメラマン(25歳)の人が2ヶ月ほど前に交通事故で片足を失ったそうです。それで、病院でリハビリ中というニュースをやっていたのですが、これって日本でニュースになっていましたか?異国の地で片足を失ってさぞかし心細かったことでしょう。ニュースに映っていた彼はずいぶんと元気そうでしたが。

しかし、他人事ながらアメリカの病院に2ヶ月入院したことを考えると、背筋が冷たくなります。何にって入院費です。日本の感覚の数倍かかりますから・・・多分100万は超えているでしょう・・・いやもっとか?


Apr,11,98

煮詰まってきました

  今月末あたりにファイナルがあるのですが、それを前にして、駆け込みテストがちらほらと行われるようになってきました。評価基準の幅を持たせるためと、ニミテストでいちおう全部カバーしてからファイナルの問題をつくるという意図があるようです。

こんセメスターは私は力学の講義をとっているのですが、これを教えているおやじが、もとNASAの研究員か何かだったようで、やたらスペースプロジェクトの話をしたがります。つい最近も講義中にわけのわからん人工衛星の力学的解釈とそのテクノロジーのことをうだうだといっていまして、いっている単語がよくわからなかったので世間話的に取っていたら、その内容が穴埋め形式で20点分、この前のテストで出題されました。

ノートもないのに、話だけで進めた内容を穴埋めにされると超辛いですね。まず、単語がわからないし・・・というか、本に載っていないのだからそもそも調べて準備をしてくることができないし・・・というわけでその分は全滅でした。でも、他のは大丈夫だったので、まぁなんとかなるでしょう。

テキストに書いてあることをやってくれているうちは、読んでさえいけば良いのですが、こういった形式で出題されると私には辛いですね。まじめに講義に出ている人たちへ点数を与えるための救済措置だったのですが、私には思いっきり裏目に出ました・・・あのぉ、私も講義にでているんですけど・・・。

理系の場合は記号という万国共通の表記方法があるので、式さえみて前後関係を追っていけば、ディテイルにこだわらないくても内容は追って行けるので、そういった手抜きに慣れてしまったのが今回の失敗の原因でしょう。文系の勉強をアメリカでやっている人ってすごいよね。



Apr,6,98
トイレの話(その2)

週末からサマータイムへ変更になりました。夜の2と同時にパブリックな時計が1時間自動的に進みます。毎年のことながら、この日はとても損をした気分になります。10月にはこの失われた1時間が帰ってくることになるので、実際は全然損をしてはいないのですが。 一日の活動時間が1時間繰り上がったので、早朝は暗いです。今日は6時でもそとは真っ暗でした。

トイレの話を続きです。こちらでは、コンビニやレストランのトイレにはいるとこんな文句がプラスチックのボードにかいて壁に貼り付けられています。
 

Please
Employee must wash hands before returning to work.
このボードの存在自体が物語っていますが、まぁこんなもんです。  日本の食べ物屋で、「従業員はトイレの後は手を洗ってから職場に戻りましょう」なんてあったら、客は食欲なくしそうなもんだけど・・・いや、ちょっと待てよ、日本だからといってちゃんと手を洗っているとは限らないので、こういうのがあったほうが逆に安心かもしれない・・・徐々に思考がアメリカナイズされていっている私でした。



 
Mar,.1998
最新の日記
 May,1998