Make your own free website on Tripod.com
Back Numbers
past diary

e-mailはこちら


June ,1997

June,1,97 日曜日

Black Rain

 またまた3日も更新を サボってしまいました。その間、 windows版ロードモナーク 何ぞにうつつを抜かしてしまいました。すいません。 で、このゲーム、昔懐かしのゲームで、 私がまだ FM TOWNS という 富士通のマルチメディアパソコン(自称&死語)を持っていた時に 遊んだことがあるゲームです。リメイクしたのとさらにマップを 付けてフリーでダウンできるんですね。詳しい話は こちらで

 今日のジャズ対ブルズのNBAファイナルは惜しかった。 最後の最後でジョーダンが残り時間ほとんど0秒で 逆転シュートを決めましたね。 その直前でマローンがフリースローをもらったんだけど、 2本とも落としてしまいました。あれが2本とも入っていたら ゲームはまったく違った展開になったでしょう。 決勝のシュートを入れられた瞬間、妻と「うわぁ〜!」と わめき声をあげてしまいました。 次のゲームも楽しみですね。

 今日、初めてBLACK RAINをテレビでみました。これは松田優作の 最後の作品になるんですが、こっちじゃ松田優作の「松」のじすら でてきません。ひたすらマイケル ダグラス、マイケル ダグラス でした・・・。まぁ そりゃあそうかってかんじだけどね・・・。

 で、この映画をみていて思ったのは、 日本語を全然訳していない んですね・・・これには参りました(笑)

 私は映画を見る時、キャプションをオンにするのですが、英語は当然キャプションに出るのですが、日本語の会話の シーンだと、[speaking Japanese] としか出ませんでした。この映画は日本語と英語の掛け合いの部分 がとても面白い作品なので、日本とアメリカの言葉と 文化のギャップを上手く描いているところも見所の一つだとは 思うのですが、日本語で語られている部分はまったく訳されていません。 日本の警察署長(役者名は忘れました) 「彼らはこの件でいったいどう責任をとってくれるのかね?」 と、マイケルダグラス等に言うシーンで画面に出るのは [speaking Japanese] ガッツ石松が開き直って 「英語がしゃべれねぇんだよ、おまえも日本語ではなせよ!」 というシーンも、画面に出るのは [speaking Japanese] なんだかなぁ・・・

 やくざの親分役をやっていた人(これも日本人の顔を見たことの ある人ですが)の英語は完全吹き替えになっていました。これは何を意味するかというと、 「その人のシーンは英語で撮ったけど あとからみたら何だかわからなかったのでしょうがなく適当に 声優を使って作り直しました」 ってことです。深読みのし過ぎでしょうか?

 で、結局この映画を楽しめるのは 日本語と英語のわかる人 という制限がついてしまっています。キャプションを作った 会社に日本語を訳せる人がいなかったのでしょう。

 それにしても高倉健ってすごいねぇ・・・この人ミスターベースボール にも出てるでしょ・・・。

 昨日の夜に、知り合いから神戸でおきた小学生の殺人事件の話を耳にして、聞いたところによるとかなりエグイ事件のようで、 詳しい経過を知りたいと思い新聞社とかテレビ局のWEBをいろいろと 探していたのですが、気がつくとアナウンサーのホームページを 見ている自分がいたりして、結局わからずじまいでした。

 しかし、堀井美香アナウンサーが 現在産休中というのを知って、 とてもびっくり! うぉ〜、結婚相手はどこのどいつだぁ〜と、 アルコールが入っていたので少し暴走しましたが、それくらショック でした。 そう言えば丸川珠代アナウンサーもしばらくみてないな、テレビタックルの「日本の景気を考える」のコーナー すきだったんだけどなぁ・・・。

 インターネットで情報を探す時って、何を探しているのかを 常に頭の片隅に置いておかないと、気がつくと全然違うページを 読んでいるんだよね。しかも、そういうときに限って面白いページを 見つけてしまうから困ったもんです。


June,2,97 月曜日

感性の違い

 神戸の小学生の虐殺事件についての詳細を、この日記の常連さんから メールで教えていただきました。なんか、 凄い事件ですね。 だいたい話で聞いていたのですが、 そこまでひどいものだとは思いませんでした。 それと、朝のメールチェックでそれを読んだので、なんだか朝ご飯を 食べる食欲が一気に吹き飛んでしまいました。

 それと多少関係のあることですが、アメリカ人について ちょっと思ったことを書きます。 こちらで映画を見ていると、アメリカ人の笑いに付いていけない時があります。 映画の台詞がわからないのもありますが、日本人では到底笑わない場面で彼らは声高らかに笑うのです。例えば、ホラー映画で誰かの首が飛ぶ時とか、やられ役の登場人物が怪物なんかに食われるシーンで、いかにも楽しそうに、ガハハハと笑うのです。

 そんなに数は多くはいないのですが、いい年した大人も、子供も笑っている人を見かけます。日本の映画館では人が脳天 かち割られたり、恐竜に食われたりしても、場内に笑いは起こりませんよね。初めのうちは「なんか変な奴がいるな」くらいに思っていたのですが、結構な割合でそういう人がいるのを知って何だかゾッとしたのを覚えています。

 やっぱり、狩猟民族と農耕民族の感性の違いってやつでしょうか・・・。言葉で片づけるのは簡単ですが、映画館でそういう笑いに遭遇する度に、何がそんなにおかしいんだい? と聞いてみたくなります。

 さてさて、TAMAGOTCHI ですが、2度目の育成を始めました。もう大人になっているのですが、 今度も家の奥さんと同じタイプになったみたいです。タイプとしては 2番めに良い子のタイプで前のよりも1ランク上ですね。日本名は うどっちです。

 何日くらい生きててくれるのでしょうかねぇ・・・あれ? 文句を付けていた割には結構楽しんでやってますね(笑) そうそう、バッタモンはアメリカでも手に入るようです。犬のやつとか今日おもちゃやさんでみました。 こんど そろえてみようかな・・・いや、家の奥さんがそういっていたんです。 私じゃなくって・・・


June,5,97 木曜日

TAMAGOTCHI

結構2、3日前まで日記にするネタがいっぱいあったような気がして、いろいろとかけるなぁ・・・とか思っていたら、すっかり忘れ去ってしまいました(笑) まずいなぁ・・・ では、昨日から今日にかけての話を・・・。 昨日、たまたま授業中にリーディングのトピックとして、 NEWSWEEK(多分)からコピーしてきたトピックが なんと、TAMAGOTCHIでした。 クラスの先生はその記事を読むまで まったく知らなかったそうです。 「これ知ってるよ」 と私がいうと目を輝かせていろいろと聞いてきました。

 それで、教えるよりも見せた方が 早いので、「じゃあ明日持ってくるよ」といって、 今日、本体とインストラクションをもっていきました。 で、結局一通り説明したあとで、 かなり興味が沸いたらしく、 「今日帰りにトイザラスによらなければ」 等といっていました。本当に買ったのでしょうか? そうそう、その先生は、TAMAGOTCHI を、すごい発明だ・・・としきりに感心していました。そうかなぁ?

  その人は女の先生なのですが、可愛いもの好きで、小さな石で作った動物とか、その手のものを集めるのが 趣味だそうです。そういった背景のある人には、TAMAGOTCHI は国を問わず、アトラクティブな商品に映るようです。別に私が関係しているわけじゃないんだけど、こういう日本の製品が海外に受け入れられていくのって何だか気分がいいよね。 これって、海外で野茂が活躍するのをみて喜ぶのと一緒の心理ですね。

 さてさて、肝心の TAMAGOTCHI の報道のされかたですが、やはり、主に買っているのは 日本人旅行者や、学生が国に 送り返す為に買っていた・・・となっています。 いくつかの 小中学校では持ち込みが禁止されたそうです。ある、学校の 教師は、子供に責任感を持たせるためには良い教材になる というコメントが載っていましたが、その直ぐしたには、その子供の母親の正反対のコメントが載っていて、 「家の猫の世話もしないようなうちのこが、それで責任感が養えるなんて思わないわ」 といっています。

 アメリカで最初のモニターになった人は 玩具店の社長の子供だそうです。その子供たちはとても楽しんで TAMAGOTCHIを育てていたのですが、死ぬと一転して悲しみを家の中にぶちまけた(変な訳ですが・・・)となっています。しかし彼らの悲しみはそれほど長くは続かなかったそうです。 この、教材になる ・・・という考え方は私からしてみればかなり頭の柔らかい発想ですね。そういえば、クラスの先生がいっていたけど、 「子供に死という概念を教えるには とても良い教材になるのでは 」と言っていました。なるほど、そういう 考え方もありますね・・・

 それと、記事で 一つしゃくだったのが、なぜ日本でこういうデジタルペットが 流行ったのか? という理由づけがとても安易だったことですね。 「本は狭くてペットを飼うスペースが無いから・・・ 」って、 ペットくらいいくらでも飼えますよ。その気になれば。 まったく、そうやって何でも日本が狭いせいにしないでほしいもんだ。 これが 流行った背景っていうのは、やっぱり気軽に(裏を返せば、多少無責任に 育てても大丈夫な)自分だけのペットをいつでも持ち歩けるというのが大きなポイントになったと思いますがね。


June,6,97 金曜日

ビールの話

 アメリカでは、日本と違ってアルコール類の購入に IDをチェックされます。日本人は年の割には、どうして若く見られてしまうので、なおさらチェックを受ける確率が高いようです。店によっては店員にIDチェックを義務づけているようで、レジの所にはっきりとそれが表示されています。

 しかし、このIDのチェックの仕方が少しおかしいのです。 2〜3人で店に入ってアルコール類を買った場合、全員がIDの提示を求められます。 なんか変ですよね。これを回避するのは簡単で、IDを持っている人だけ店に入って買えばいいだけ なので、あまり意味を成さないと思うのですが・・・

 最近、よく行くスーパーでIDのチェックが特に厳しくなった と思ったら、どうやら罰則ができたようで、IDのチェックを しわすれると客1人あたりいくらか罰金を払わなければならないようです。 レジのおばちゃんと話をしたのですが、やっぱり IDの証明を要求するのはあまりよい気分がしないと言っていました。 見た目が若い人のIDのチェックを要求したら、露骨に嫌な顔をされて、それでIDをみたらなんと40歳でビックリしたことがあるともいっていました。

 まぁ、文化の違いといえばそれまでなのですが、この国ではいろいろな手続きで、やたら何かを証明することが多いですね。日本でいったら、保証人が必要ってやつですか? 話は代わって、NBAです。今日はジャズが本拠地でかちました。 マローンが絶好調。これからあと2戦はユタでやるのですが、全部勝ってほしいなぁ・・・そうしないとブルズの優勝が決定してしまう。


June,9,97 月曜日

手錠はめられました

 語学学校の授業の一環として、裁判所を見学に行ってきました。 ・・・前にも一回いってきたんだけど、これについては 日記で紹介したかな?・・・まぁいいや、風邪でボーっと しているので、考えずに書くことにします。 今年にできたばかりのビルだそうで、とてもキレイでしたね。

 入り口の金属探知器チェックを受けて中へはいります。まぁ、 この辺は日本でもそうなんじゃないでしょうか?いったこと無いけど。 その日は月曜日なので、大量の陪審員候補に招集がかけられ、月曜日一日を使って陪審員をチョイスします。陪審員というのは、義務なので、名目上は、それなりの理由がなければ拒否できない ことになっています。無断で休むと罰則があるようです。

 ビルの4階の大きな部屋でちょうど裁判が行われていたので、 しばし見学・・・ な、何をいっているのかさっぱり わかりません。それと、ジャッジと個人的に話が出来ました。しかも、わざわざ 裁判を一時中断して(笑)・・・ いいのか? これは大変に名誉 なことらしく、同行した先生の方が興奮してましたね。 オクラホマボマーのジャッジだったらどうする? という質問をしたところ、「テレビや新聞の内容から判断すると私もデスペナルティを課すだろう」といってました。ジャッジはとても忙しいらしく、その日1日であと40ケースも処理しなければならないとも言っていました。1ケースに20分もかけられない計算になりますね。そのあと、ビルの内部のセキュリティシステムを見学。

 建物内のドアの開閉を依拠にコントロールできる部屋があって、それでプリズナーの逃亡をふせいでいるようです。それと、裁判の時間までに囚人を監禁しておく拘置所もみました。その日はあいにく囚人は一人もいなかったのですが、前にいった時はウジャウジャいて、皆ガラスごしにジロジロと、 距離にしたら1mも無いところかみられてビビったのを覚えています。手錠を見つけたので、ひょいと持ち上げて、もの珍しそうな 顔をして眺めていたら、ガイドをしてくれている、ガードマンの 人に、手錠をはめられてしまいました ・・・。それと、 拘置所に監禁もされました。 なるほど、これでは逃げられません。まぁ貴重な体験なんだろうけど、 あんまり嬉しくないぞ。


June,10,97 火曜日

風邪でダウン

 風邪をひいて熱があるので学校を休んでしまいました。 ああ、夢のパーフェクトアテンダンスが・・・まぁいいか。 しかし、あまり休むと次回にビザの申請をするときに、拒否されることのあると聞いたので、真面目にやらないと。明日は何とかして行かなければ・・・