Make your own free website on Tripod.com
Back Numbers
past diary

e-mailはこちら


April ,1997


Apr,1,97 火曜日

 今日は日本人のアメリカ至上主義 について・・・こちらへ来てまだ半年ちょっとしか経っていない分際でアメリカを悟って語るつもりはないし、ましてや私の住んでいるのは人口6万の小さな町なので、ここでのこと 全てがアメリカの標準であるとは思っていない ことをここで述べた上で 自分の感じた範囲で書こうと思う。

 私の通っているのが英語学校という性質上、毎月の人の入れ替わりが 激しく、1ヶ月だけステイして去っていく人も数多くいる。日本人ともよく話をしたり、時には近くの観光名所へ行く為に車を出したりもする。 そんな中で新しくアメリカへやってきた人といろいろと話を すると、中には 「おまえそれって違うよ」 といいたくなるような勘違いをしている人が見掛けられる。

 何でもかんでもアメリカが一番、日本って最低〜という考え方、いわゆるアメリカ至上主義 といった考えに捕らわれている人だ。 こういう人は、滞在期間中に自分の中にある 「アメリカは凄い」 といった考えを強固にして日本へ再び帰っていく。短期のステイの人ほどこの傾向が強い。ドームにこもりっきりで、 外の生活へ触れるといってもやっぱり行くところはメジャーな 観光地(ディズニーワールドとかユニバーサルスタジオとか・・・) ばかりなので、実状をわかりにくいのだろうか。

 極端な話、日本人の誰もがアメリカ至上主義的考えを日本で 植え付けられているのだと思う。考えてみれば、こちらへ来た当初の 私もそうだった。 しかしこちらで生活するにつれて、何かしら自分が日本で想像してものと違ったものを感じはじめるようになり、この国の良い所ばかりではなく、悪いところ(しかも相当問題のある) も見え始めてきた。そして、その考えを決定的なものにしたのが ふざけるなアメリカ人のホームページだった。 ここには日本に住んでいれば 「まさか」 と思うようなアメリカでの体験談 が多く載せられている。その中の多くについては、私も似たような 経験をしている。多分初めて読んだ人にとっては、批判めいた 文章に取れるだろうが、しかし、日本ではアメリカの良い点ばかりを 報道しているので、これくらい偏っていて丁度よいくらいだと思う。 暇があったらぜひともここを読んで欲しい。

 私が勝手にアメリカという国を解釈すると、 この国は日本に比べて、個が集団から飛びぬけることに寛容な国なので、人間の階級付け(社会的地位とか、収入とか、一般常識等について一元的に 数値化できて比較できたと仮定しましょう)に対する標準偏差(偏差値とは違いますよ)が大きいところということになる。 つまり、日本人の感覚からすると、 上も飛びぬけていれば下も 飛びぬけているんですね。 そんな中で私たちは上から30%〜40%の人間を見てアメリカを判断している様な気がする。実際にはこの国には もう60〜70%の私たちが予想するよりもアメリカ人らしくないアメリカ人がいるのだが、 多くの日本人はそれに気が付いていないように思う。

 このことについては 書きたいことが山ほどあるけど、今日はこの辺にしときます。


Apr,4,97 金曜日

 今日は再びスペースシャトルの launch day !! 今回は割と珍しい昼間の発射、そしてスプリングブレイクの真っ只中ということもあって 過去最高の人出が予想されているそうです。いやぁ〜、この日中の暑い中 大変ですねぇ・・・私も見に行こうかと思ったのですが、暑いので止めにしました。前に打上げは見に行ったしね。 昼間の打上げは夜ほどは感動しないので、今回はアパートの窓からでも眺めることにします。今日は天気もいいことですし、見えるでしょう。

 いつぐらい前からかわからないのですが、秒読みをテレビで やっています。シャトルのミッション中は番組ガイドのチャンネルがスペースシャトル中継に変わります。コントロールセンターの映像とか、シャトルの位置とか、現在の体勢なんかを24時間 放送しています。そんなのあまり熱心に見る人はいないとは 思うのですが、情報を公開することが義務づけられているからで しょうか?テレビの秒読みによるとあと40分くらいですね。

 当たり前の事ですが、 スペースシャトルって真上に上がって いくものじゃないんですね。 知ってました?私は初めて見るまで この事実を知りませんでした。ずーっと真上に行ってから軌道修正 して地球を周回するものだとばかり思っていましたが、 打上げの直後から徐々に 水平になりながら上昇していくんですね。 そう、log のグラフみたいな軌跡を描くんですね。

何だかんだ言っても、2ヶ月に一度のお祭りが 気になるので 打上げの瞬間は外にでようと思います。 次回も見れるとは限りませんしね。

{ここから追加分です]

 いや、いいよ打上げ中継。 ゆっくりみたのはこれが初めてなんだけど、何がいいかというと、タイムリーに情報が分かるのが良い。 発射パッド のまわりや、施設の中にカメラが沢山設置してあって それらがめまぐるしく切り替わっていきます。シャトル 全体の映像や、噴射ノズルだけの映像、コーン(でっかい ブースターのことです)の先頭だけの映像、そして搭乗口 。映像にはそれぞれカメラ番号があって、私の確認したところ 71が最大だったので、少なくとも71台はシャトルの周辺に カメラを設置しているはずです。打上げを見にいくよりも詳細な状況を把握できますね。

 途中でT-9min. でカウントダウンがストップしたり、その後のカウントダウンの時計を再始動するまでの交信内容 もすべて放送されていて、とても臨場感があります。

 3,2,1,lift off ! 発射をテレビで確認してからアパートの外へ出ました。 そうしたら、他にも5、6人いました。私と同じ事している人が・・・。 ロケットを肉眼で確認できるのは、メインブースター を切り離すまでの2分弱の短い間だけで、とても短いショーなのですが、やはり良かったです。 実際に見に行くのとはまた違った感動を味わえたので 今日は家にいて正解だったな。

 ミッション終了まで番組ガイドのチャンネルが塞がって しまうのはちょっと困るけど、それは日曜版の新聞を 買えばいいだけなので、まぁいいか・・・。


Apr,5,97 土曜日

 夕方にフランス人のお友達のところへ招待されて 夕食をごちそうになりました。 最近、人の所へ呼ばれて食ってばっかりだね・・・。 チキンの料理がとても美味しかった。家具などはけっして豪華なものを使って いるわけではないが、安いものを上手く組み合わせている といった感じで、中々良かった。うちの奥さんにもあんな センスがあったらなぁ・・・。

 フランス人と簡単にいったけれど、女の人の方はタヒチの人です。で、公用語がフレンチです。 彼女は、前に学校へ、白のシャツ一枚で来たことがありまして そのときは 目のやり場に困りました。 そういうお国柄らしいですね。こっちでもビーチへ 行けばトップレス位は見れますが・・・

 男の方は生っ粋のフレンチです。 彼らはどうも議論しがちのようで、 客を前に一触即発(にみえる)の議論していました。 こ、これがフレンチの カップルなのね・・・うむむむ。

 MOD CHIPなる物を手に入れまして、 私の初代プレステへ 積みました。このチップのお陰で海外のゲームも動く ようになります。ふふふふ。ついでに友達にも頼まれて いたので、それを取り付けてあげました。これ自体は違法ではないけれども、コピーゲームに手を出しちゃうと違法なんだよねぇ・・・。自分で使う上でも新品を一枚買って それをコピーして、すかさずオリジナルを中古屋へ売ってしまえば 差額でゲームが買えてしまう・・・。デジタルなので、いくら コピーしてもクオリティは落ちないしね。CD−Rの為の初期投資がかかるとしても、3、40枚もゲームを持っている人にとってはこっちの方がはるかにお得みたい・・・。 コピーの販売 に関してはソニーもかなり本気らしく、既に法的手段に訴えています。それに、今年の2月モデルのプレステから、チップが使えないように アーキテクチャに変更が加えられたようです。 今現在、出回っていませんが。


Apr,7,97 月曜日

 エアコンがイカレました。 お陰で寝苦しくって寝不足です。 妻はガーガー寝ていましたが・・・。 アメリカ製品の耐久性って悪いですね。直に故障します。 このアパートに入ってからつくづくそう思います。 始めはウォーターヒーターが働かず、3回ほど修理以来した 後に新品に交換してもらいました。突然夜中に漏水が始まった こともありました。プシュー!っという音で起こされ、その日も寝不足・・・。そして今度はエアコンです。 そのくせ 次の契約から部屋代が一気に16ドルも値上がりとは、 いい度胸しています。いま、このアパートは契約が切れた人がどんどん引っ越しています。私たちも契約を継続しないで 移動ですね・・・一応交渉してみますけどね。

 アメリカの物は、 故障しやすいものをわざわざ作って、修理するための雇用を増やしているのでは?と勘繰りたくなるほどの不甲斐なさ ですね。それだけ日本の製品の品質が優れているということ でしょうが・・・まぁ日本製の物にしてもあれだけの 値段払えば、それはそれで納得が行きますけどね。

 アパートが24時間のサポート体勢であることを、 初めは評価していたのですが、徐々に考えが変わってきました。 もし、ここのアパートに24時間体勢のサポートがなかったら ここには住めないでしょう。テニスコートがあろうと、プールがついていようと、ビーチバレーのコートが あろうとも関係ありません。電気の供給が安定していて、 お湯が使えて、エアコンが動けば私はそれで充分です。

 治安もいいし、家賃が割高で、部屋の物が壊れやすい点を除けばそれなりに良いところなのですが・・・今日は文句ばっかりでしたね


Apr,8,97 火曜日

 「旅の恥はかき捨て」 日本の悪い格言である。 たまに日本人留学生の中に、この格言が刷り込まれているのではないかと思うような困ったちゃんがいて参ってしまうことが ある。これはどんな人かというと、 悪い言葉を使うと、自分の都合のよいように 他人を使いまくる人だ。まぁどこの世の中にもこんな人は いるけれども、特に日本人の場合は、外の世界へ出るとこの傾向 が強まる気がする。

 私はこの手の人たちに振り回された経験上、高い金払って海外に 来たのだから・・・というような意識がミエミエの人には寄り付かないようにしている。

 私の友達はまさにこの手の人たちの被害者で、 セッションの終わりになると、日本へ帰る留学生に頼まれて、空港まで最低3往復はする。 往復で2時間半はかかる距離だ。面と向かって頼まれると 断れない彼の性格もあるが、去り際の日本人、それこそ 「旅の恥はかき捨て」という強い味方(??)がいればもう 恐いものなし、ずうずうしくなるというものだ。

 そして送ってもらった側は、 その場の「ありがとう」「お世話になりました」という言葉で 全てを精算して、本当に帰ってしまう。だまっていると、 ガス代や駐車料金等は払わないそうだ。当然、日本へ帰った後でも手紙を書くわけでもなし。なんてこったい。

 シャトルサービスを頼めば50ドル以上、タクシーだと150ドル 以上も取られる距離を人に運転させておいて、さらにガス代も負担 させられるとは本当に同情してしまう。自分から送っていきたい相手 だったらまだいいだろうに・・・しかし、皮肉にも 送っていきたい奴に限って、 ちゃんとガス代を払っていったり、少なくとも代わりに食事をおごっていったりはするという。

 で、その友達は今日も1往復、日本人の女の子2人を 空港へ送りに夕方からドライブである。頼まれた時の心底困ったような彼の顔が忘れられない。今回のケースは本当に断りたかったらしい。とっさに嘘をつけない、人の良い奴だけに気の毒だ・・・。 頼む方も心得ているようで、一番言うことを聞いてくれそうな人に わがままを言う。 だから私には言ってこない(笑)。時間的に晩飯くらいその子たちに ごちそうになってきてもいいとは思うのだが、きっとそこまで気が回らないんだろうなぁ・・・。

 自分のちょっとの手間を 省くために他人に迷惑をかけることを何とも思わないっていうのは問題だね。このケースについて言えば迷惑をかけていることに気がつかないっていった方がいいかな。私も気をつけなくては。

「旅の恥はかき捨て」 私はこの格言が 大嫌いだ。


Apr,11,97 金曜日

 セッションに入ってから新しくしりあった、 ブラジリアンの夫婦と日本食レストラン「源内」へ行った。 旦那さんの方が日本食好きのようで、私が奥さんと話をしている時に、たまたま日本食レストランの話になって、そうしたら 「ぜひ場所をおしえてくれ」 といわれたのだ。地図を書いて教えるにしては際立った目印が無いところだったので、 それじゃあ私の奥さんも連れて一緒に行こうということになったのだ。

 この奥さん、日本で言う天然ボケ タイプの方で おしゃべり好きではあるが、何だかポーッとしている人である。授業中にあたっても、自分の作業に熱中している時はレスポンスが5秒くらい遅れることが良くある。 クラスからライブラリへ行く道で迷って、30分くらい行方不明になったこともある。3分くらいの道なんだけどね。 その件以来クラスで移動する 時は、先生が他のクラスメイトに向かって 「彼女をちゃんと連れ帰ってきてよ!」 言うようになった。

 「源内」へ行く時はいつもなら 1時間寿司食べ放題コースを選ぶのだが、 ブラジリアンの奥さんがraw fishを食べれないので初めて普通の席に 座ることになった。余談であるが、 ここのハマチは脂がのっていてとても 美味しいのだ。 日本でもこんな美味いハマチは食べた記憶がないくらいの味。多分、こちらで魚に飢えているからそう感じるだけなんだろうけど。

 食事はとても美味しかった。 しかし、今回は話をするのに大苦戦。 ブラジリアンの旦那の方は英語がほとんど出来ない人で、奥さんだけが頼りなのだが、上にも書いたとおり天然ボケが入っている人なのだ。 人の話を違ったベクトルで解釈する人みたいなので上手く意志疎通 が取れているかどうか確かめるのがとても大変だった。 多分この人と、共通の母国語を持っていたとしても、 コミュニケーションを取るのが難しいんだろうなぁ・・・と珍しく弱気な事を考えた。

 なんでこんな話をするかというと、 この奥さん、私の友達に性格がとても良く似ているんですね。 ちょっとポーッとしてて、話好きで、それでいて人の話を 良く勘違いして聞く人・・・「ああ、やっぱりこういうタイプの 人も外国にいるんだ」と思ったね。ほんと、いるんですねぇ・・・ でも私はこの手の 「あっちへ行っちゃった様な性格の人」 って結構好きです。ちなみに家の奥さんもどちらかと言えば このタイプです。


Apr,12,97 土曜日

 なんと今週末は映画中心のチャンネル HBOがFREE!! このチャンネル、通常は有料なのですが、キャンペーン期間が 定期的にあって、その間は無料なのです。 これは見るしかない! さっそく予約録画を設定しまくってとるべし、とるべし! 来週末はテストなので、ビデオを 見ることができるのはずっと後になりそう・・・。くくぅ、 残念。

それにしてもタダだと俄然燃えだすのは貧乏人の性だろうか?


Apr,13,97 日曜日

 私のお気に入りの本屋、 Barnes & Nobel へ息抜きに行ってきました。そうしたら店内が何やら いつもと違う 雰囲気・・・。 変なぬいぐるみは歩き回っているし、 そこかしこに子供がいて、いつもよりもにぎやか。 今日はイベントがある日で、 近くの動物園から小動物がやってきていたのでした。 本屋なのに・・・なぜ動物が??、 動物と聞いて、とたんに家の 奥さんが目を輝かせはじめました。

 始めに目についたのは本屋のカーペットの上をニョロニョロ と泳ぐように這いずり回っていたカワウソ君(river otter)でした。 側にいた おじさんが「 こいつはカーペットスネークっていうんだ 」と 冗談を飛ばしていました。とてもおとなしい動物で、触っても全然平気で、案の定子供の玩具になっていました。大型犬の アダプションもやってました。アメリカといえども大型犬を家で飼うのは、さすがにもてあますようで、アニマルシェルター (日本で言う保健所)にもレトリバーとかが結構いるみたいですね。

 店内で小動物の販売も同時にやっていました。 ワラビーとか 小型のチーターみたいな動物 (アフリカンサルアリーとか 何とかいうやつ)も売ってました。ちなみにチーターに似た動物は $3000 だそうです。 でもこれが本当に可愛い!思わず買ってかえろうかと思うくらいの愛くるしさでした。 家の奥さんはかなり本気で飼いたがっていました。 でもね、 いまの為替レート知ってる? それから計算すると私の給料の まるまる2ヶ月分だよ? (こっちへきたときにくらべて19円も円安なんだよね・・・)

 で、当然のことながら何も買わずに帰ってきました。 そりゃそうですよね。本屋で動物買ってかえってくるほうが 普通じゃないもんね。

 そうそう、本屋のカフェテリアで美味しいチーズケーキを 発見しました。本を座り読みしながら、ホットココアを飲んで チーズケーキを食って帰ってきました。ちなみに来週の イベントには fossile hunter がやってくるそうです。 直訳すると「化石ハンター」なんですが、これって一体・・・ またこようかな


Apr,19,97 土曜日

  ありゃりゃ!、6日もさぼっちまったい ・・・でも今週末に 控えたテストのせいでコンピュータに触っている時間が あまりないのだ(妻:「ほーそのわりにネットサーフィンなんか よくやってるんじゃない?」)・・・・ギクっ! その間、更新されなかったページにたびたび足を運んで下さった方、 すいません。

 さてさて、話を変えて、最近私がネット上で面白がって読んでいるのが IE(InternetExproler)関連の記事。 セキュリティーホールというか、 基本的仕様の欠陥が暴露されたといったほうがいいのかな、ともかく セキュリティ上のとんでもない欠陥が見つかったわけです。 これを使って他人のハードディスクを消したりできちゃうんですね。 その他にもいろいろと問題があるらしいのですが、 基本的な問題は、マイクロソフトの売りである ActiveXっていう技術 がぜんぜんネットワークセキュリティーを意識していないところに あるようです。ああ、これ全部他の人のホームページの受け売り。 もとネタは、

http://www.asahi-net.or.jp/~KI4S-NKMR/index.html

にあります。 ちなみにここの方はマイクロソフトと闘っているそうです・・・ でかい相手ですね。

 海外でもいろいろなサイトを覗いていると、マイクロソフトバッシング は相当強いものがありますね。それでビルゲイツがやりだまに あげられているようです。あ、こんな話しってました? ビルゲイツをおちょくるような内容のホームページもちらほら 私の目にも入ってくるようになりました。興味の ある方は、

http://www.asahi-net.or.jp/~FV6N-TNSK/gates/

までどうぞ。

それと、上の記事を読んでビルゲイツにムカムカ来た方は、 http://www.tiac.net/users/axlrosen/

へいってストレスを解消して下さい。笑えます。ちなみに JAVA対応のブラウザじゃなきゃいけません。


Apr,25,97 金曜日

★ またまた映画をみてきました。週1回のペースで最近は新作を みています。先週見たのが 8 HEAD IN A DUFFEL BAG で、今週は、今日が 公開日の映画 VOLCANO をみてきました。いやぁ〜面白かったです。 なにが凄いって、あなた 火山ですよ 火山。でも今回の火山は山奥 じゃなくてロスの街中に発生します。街中から溶岩が吹き出すんですが 、これ、火山というよりも、溶岩噴出って感じですね。で、 ID(Independance day) よりもド派手なシーンの数々に圧倒されまくって 帰ってきました。特に 街中を溶岩がドクドクいいながら流れるシーン なんて凄いです。 CGにはまったく見えませんね。この手の effect はもうほとんど実物と区別がつかないレベルまできましたね。 CG技術がなかったらたいへんだろうなぁっていう感じの映像が 目白押しです。

 ストーリー的にもとくに矛盾があったわけでもなく、 最後までハラハラさせてくれました・・・ハシゴ車にぶら下がる シーンでは思わず足をバタバタさせたくなります(笑) ストーリーがどうのこうのといいましたが、この映画、 パニックで時間が足りないシチュエーションが多いため、登場人物 がみんな早口でホント困りました。普通の映画よりも聞き取れなかった ですね。だから話は大筋しかわからない(笑)

 この映画でも、私の勝手にたてた法則、 「パニック映画で人は死ぬのになぜか犬は助かる」 の法則が成り立っていました。はははは・・・・ VOLCANOは面白いから お勧めですね。これ、日本でも人気でるだろうなぁ・・・。トミーリージョーンズが渋くてよし。

もう一つ先週見た、 8 HEADS IN A DUFFEL BAG についても感想を行っておきましょう。ちょっとエグイですが、 一応コメディーです。空港で8つの頭の入ったかばんを自分の荷物 と勘違いしてとってきたばっかりに騒動に巻き込まれる話です。 この映画にでてくる恋人役の女優さん美人です。にこやかな顔をして 非情な行動をとるマフィアのおやじが良い味だしています。

これからアメリカでは夏にかけて面白そうな映画が目白押しですね。 ジュラシックパークの続編の Lost World や Speed2(今度は 船の上です。でも主人公が変わってます。サンドラブロックは そのままですが・・・) が上映されるんですねぇ。そうそう、ディズニーアニメの ハーキュリスも入りますねぇ・・・楽しみ楽しみ。

あ、何か映画日記になってる(笑)